築地市場解体、周辺エリアが恐れる「ネズミ1万匹」一斉放出&大移動…甚大な被害も – Business Journal

Home » 日本橋 » 築地市場解体、周辺エリアが恐れる「ネズミ1万匹」一斉放出&大移動…甚大な被害も – Business Journal
日本橋 コメントはまだありません



築地市場(「Wikipedia」より/Chris 73)

 10月10日、築地市場は83年の歴史に幕を下ろした。約2年にわたる移転の凍結は、結局のところ何も問題を解決しないままだったが、市場が豊洲に移ったことでいったん問題は収束したかのように思われた。

 しかし、現実的に問題は山積している。建屋解体と残された場外市場の今後が定まっていないのだ。
 
 日本橋魚河岸と京橋青果市場を統合し1935年に誕生した築地市場は、卸売市場法に基づいて設置・管理されている。同法が適用される築地市場は場内市場(場内)と呼ばれる。一方、周辺に形成された店舗群は、場外市場(場外)と呼ばれて明確に区別される。場外の店舗は卸売市場法の適用範囲外で、平たくいってしまえば街にある商店街と同じ扱い。そのため、卸売市場が築地から豊洲に移転しても、場外市場はそのまま築地に残る。

 築地市場が豊洲に移転することが決まった際、築地に出入りする業者たちは非効率だとして反対した。なぜなら、場内と場外は不即不離の関係にあり、一体となってこそ築地は本領を発揮する。どんなに最先端の機能を有していようと、分散して別々に機能していたら意味がない。豊洲は、ただ図体がデカいだけの市場になってしまうのだ。

 場内で取引される水産物が、一級品であることはいうまでもない。ただ、それだけで築地ブランドが確立したわけではない。銀座や日本橋の高級料亭・レストランは全国各地から送られてくる新鮮な水産物を築地から仕入れてきたが、水産物を扱わない場外もこれら飲食店には欠かすことができない存在だった。

「築地から豊洲に市場が移転しても、東京都は『マグロなどの取引・流通はこれまでと変わらない』と説明しています。確かに、築地で売買されていた水産物は同じ品質を保つでしょう。しかし、飲食店は水産物だけを提供しているわけではないのです」(東京で複数の飲食店を経営するオーナー)

 もちろん、お客が口にするのはマグロやサケなどの水産物がメインだ。しかし、マグロの刺身を食べるにしてもワサビや醤油、塩、海苔といった調理に欠かせない食料品・調味料が必要になる。そのほかにも、刺身に添えられるツマ、箸や茶碗、調理器具なども一級品を揃える必要がある。

 高級料亭やレストランでは、プロの職人がこだわり抜いた品を使う。見た目は同じでも、街のスーパーで賄えるような品ではない。こうしたプロが使う逸品が、場外では幅広く取り揃えられていた。市場が豊洲に移転したら、場外というサポート役を失う。それは、相対的に場内のポテンシャルを低下させる。

 結局、飲食店は豊洲で水産物を仕入れた後に場外に立ち寄らなければならず、二度手間を食わされる。

ネズミ問題

 豊洲移転は、そうした業者の手間を増やしたことや場外を疎外しただけに終わらない。今、場外関係者たちは築地を恐怖に陥れ、銀座や日本橋の高級料亭・レストランの価値を毀損させる事態が起きることに戦々恐々としている。





コメントを残す