「ガッテン!」の影響でえごま油が大人気に スーパーから姿を消す – livedoor

Home » ブランド » オメガ » 「ガッテン!」の影響でえごま油が大人気に スーパーから姿を消す – livedoor
オメガ コメントはまだありません



11月21日に放送された『ガッテン!』(NHK)で、えごま油が特集された。えごま油はシソ科の植物「荏胡麻」から取れる油で、血液をサラサラにする効果のある必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」を多く含む。番組の実験では、48人の被験者に毎日スプーン1杯分のえごま油を摂ってもらい、このうち33人に体重減少が見られたと紹介していた。

放送から一夜明けた22日、番組の影響か、ネットでは「えごま油買ってきた!」という呟きが相次いだ。さらに多かったのが、売り切れを知らせるツイートだ。

「いつも買ってるえごま油が売り切れてる!何故?? 困る〜」
「どこも売り切れ。代用品の亜麻仁油を買ってきたよ」
「スーパーに行ったら 3種類のエゴマ油のうちの 安い方の2つが売り切れていた」
「えごま油・亜麻仁油が店頭から消えている。3軒回ったがすっからかん」

各地のスーパーでエゴマ油が棚から消えているようだ。

ドラッグストア部門の人気度ランキングトップ10中7つがえごま油関連

人気の高まりはネット通販でも同様だ。アマゾンでは、22日17時10分時点で、ドラッグストア部門の売れ筋ランキング1位に「マルタえごまオイル180グラム」(太田油脂)が入っている。

同部門で過去24時間以内に売上が伸びた商品のランキング上位にも、番組関連の商品が並んだ。17時20分時点で編集部が確認したところ、1位と2位は、同じく太田油脂の製造するエゴマ油で、3位が「DPA+DHA+EPA+VitmineE」(オリヒロ)というサプリメント、4位から8位もすべて、えごま油やえごま油のカプセルなどの関連商品だった。

アマゾンサイト全体での急上昇ワード1位も、18時時点で「えごま油」だった。2位に「アザラシ油」、5位に「アマニ油」が入っていることからも、番組の影響が大きいと推測される。

メルカリにも、「ためしてガッテン」(「ガッテン」の旧番組名)のタグとともにえごま油を出品する人が複数いた。270グラムのえごま油2本が5000円で出品されていたが、17時10分時点で取り引きが成立していた。

製造メーカーは「注文が多く、届けるまでしばらく時間がかかる」とお詫び

太田油脂の通販サイトには、「発送に関するお詫びとお願い」として、

「テレビにてえごまオイルの放映があり、多くのご注文を戴いております。順次発送して参りますので、お届けまでしばらくお待ち下さいませ」

という文章が掲載されていた。編集部が確認したところ、11月17日時点では掲載されていなかった。こちらも「ガッテン」放送の影響のようだ。

番組では、エゴマ油の効果を中心に紹介していたものの、アマニ油や魚油も、オメガ3脂肪酸を多く含む油だ。このためネットでは、エゴマ油を買えなかった人に対して「魚食べればいいんじゃない?」と指摘する様子も見られている。



コメントを残す