「ナイキ」ISPAプログラムから生まれた新作フットウェア

Home » 媒体 » AFPBB News » 「ナイキ」ISPAプログラムから生まれた新作フットウェア
AFPBB News コメントはまだありません



2018年11月22日 9:00 発信地:東京/日本

MODEPRESS

【11月22日 MODE PRESS WATCH】「ナイキラボ(NIKELAB)」は11月21日、ISPAプログラムから生まれた新作フットウェア「ナイキ リアクト LW WR MID ISPA」を発売開始した。

 IMPROVISE(工夫)、SCAVENGE(問題解決) 、PROTECT(保護)、ADAPT(応用) の頭文字をとった「ISPA」は、「ほんの少しのインスピレーションがあれば、手元にあるものでどんな問題も解決できる」というナイキの信念と連動するプログラム。このプログラムに基づき、自分の限界に挑戦するアスリートのような人たちに向けて作られた新作は、耐水性のブーティと「リアクト エレメント 87」のソールを組み合わせたシューズ。既存の競技用モデルのパーツを吟味しながら配し、寒さや雨から足を護る軽量な一足に仕上げた。

 美しさを探求したシンプルなシルエットと防水性を備えた「ナイキ リアクト LW WR MID ISPA」は、11月21日からNIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で取り扱う。

■お問い合わせ先

NIKE カスタマーサービス/0120-6453-77

■商品情報
・ナイキ リアクト LW WR MID ISPA

価格:18,900円(税込)
発売日:11月21日

取扱店舗:NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店

■関連情報
・ナイキラボ 公式HP:NIKE.COM/NikeLab

(c)MODE PRESS





コメントを残す