「ゾフ」原宿旗艦店がリニューアル ファッションやカルチャーの発信地に – WWD JAPAN.com

Home » リニューアル » 「ゾフ」原宿旗艦店がリニューアル ファッションやカルチャーの発信地に – WWD JAPAN.com
リニューアル コメントはまだありません



 眼鏡ブランド「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは、原宿駅前のコープ・オリンピア1階にある旗艦店の「ゾフ」原宿店を12月1日にリニューアルオープンする。

 ビームス辻堂や渋谷のトランクホテルなどの空間設計を手掛けたジャモアソシエイツ(JAMO ASSOCIATES)による内装は、「ゾフ」最大の店舗面積である250平方メートルの同店舗全体を、一つのショーケースのように統一感を演出し、眼鏡の色や質感を引き立てるために什器もミニマルにまとめた。また今後、ファッション、アート、音楽などの最新カルチャーとアイウエアをミックスしたさまざまなイベントを開催するなど、「ゾフ」の新しい世界観を表現する情報発信地にするという。

 同店は2001年にオープンし、今回が11年以来2度目の大規模リニューアルとなる。





コメントを残す