きのう11月22日は語呂合わせで… – 福井新聞

Home » ブランド » シチズン » きのう11月22日は語呂合わせで… – 福井新聞
シチズン コメントはまだありません



2018年11月23日 午前7時20分

 【越山若水】きのう11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」だった。それにちなんで、ちょっと興味深い意識調査の結果を一つ。夫婦げんかをして仲直りするまでの時間は…▼男性が11時間14分。女性が8時間38分。一晩寝れば忘れる女性に対し、男性は半日近く引きずるというわけでもないだろうが、性差を感じて苦笑いしてしまう▼じつはこれでも根に持たなくなったようである。平成元年の調査では男性20時間24分、女性13時間31分で、仲直りするのがうんと短くなった。30年の歳月が私たちの何を変えたのだろう▼調査をしたのはシチズン時計(東京)。全国の男女各200人に物事の「ほどよい時間」を聞いたなかの一つだった。ほかに社内会議や付き合いの飲食・飲酒時間なども尋ねた▼いずれも短縮化していて会議なら40分、付き合いは1時間40分前後がほどよいとの答え。無駄を省き「飲みニケーション」もあっさり、が現代流のようだ▼目を引いたのは、首相の在任期間という項目。「3年」が約30%でトップとなり、「6年以上」は約19%。長期政権を良しとする声は少なかった▼第二次安倍晋三政権は、発足して間もなく6年。普通の人たちが何となく抱いている感覚というのは侮れない。しかも、あのカリスマ経営者が逮捕されたばかり。権力が長く一人に集中したときの弊害を国民はその目で見てしまった。

関連記事





コメントを残す