オメガパフューム制覇へ一気加速/チャンピオンズC(日刊スポーツ … – Yahoo!ニュース 個人

Home » ブランド » オメガ » オメガパフューム制覇へ一気加速/チャンピオンズC(日刊スポーツ … – Yahoo!ニュース 個人
オメガ コメントはまだありません



<チャンピオンズC:1週前追い切り>

チャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月2日=中京)の1週前追い切りが22日、東西トレセンで行われた。栗東ではJBCクラシック2着のオメガパフューム(牡3、安田翔)が坂路で好時計をマーク。成長力を武器に逆転を狙う。

オメガパフュームは追われると、一気に加速した。栗東坂路で鋭く脚を伸ばしてラスト12秒5。トータルでも4ハロン52秒3と好時計だ。安田翔師は「自分は別の馬に乗っていて見られなかったけれど、予定通りの時計だし、前走から回復もしっかりとしている。雰囲気も良さそうです」と満足そうに話した。

3歳馬で古馬相手にG1取りを目指す。前走JBCクラシックは5歳のケイティブレイブに0秒1差まで迫る2着と健闘した。「さすがに古馬の一線級相手にタフな競馬で、しっかりと体力を消耗してくれた」と安田翔師はレースぶりを振り返る。そのタフな競馬がプラスになっているという。2走前のシリウスSでは道中で楽に抜け出したため、レース後も気負っていた。「今回はそれがない」と言う。

精神的に落ち着いているため、これまで以上に調整過程は順調だ。今レースで3歳馬の勝利は06年アロンダイト以来出ていない。まだ東京競馬場で開催され、レース名がジャパンCダートだった時代だ。12年ぶりに3歳馬の制覇がなるか。オメガパフュームは、その期待を背負ってG1に挑む。【三上広隆】

【関連記事】



コメントを残す